PAGE TOP

湿式電気集塵機

昭和47年(1972年)、世界に先駆けて角筒型導電性FRPの集塵機を湿式電気集塵機に採用し、実用化に成功しました。
約40年間の実績により培われた性能の高さと、信頼性・保守性は多方面から認められています。

特長

  1. 集塵極間が広い
  2. 荷電圧が高い
  3. 定電圧制御方式を採用
  4. 集塵極は角筒型で堅固
  5. 荷電中の連続洗浄方式を採用
  6. グロー放電消去回路を搭載
  7. 入口排ガス濃度に追随した電圧制御方式を
    オプション設定

適用例



SMMEC製 湿式電気集塵機 出口濃度例

成分 SO3 As Hg
実測出口濃度 < 0.0030 ppm < 0.003 mg/m3N < 0.1 µg/m3N


関連製品

排ガス処理設備(スミソーバ)

排ガス中に有害ガスが含まれる場合には、スミコー式静電気集塵機とスミソーバの組み合わせにより、集塵とガス吸入を同時に行うことができます。スミソーバは楽器的な気液接触装置で次のような特徴があります。

吸引効率が高い
逆円錐状連続膜と、Turbulent flowによる完璧な完全気液接触
圧力損失が少ない
ガス流入はベンチュリー・スクラバーの1/3〜1/5
目詰りがない
特殊液分散ノズルを使用。充填物不要
ローコスト
ガス冷却、洗浄集塵、吸入の一塔同時操作

超低リークバタフライダンパ

大口径ダクトのメンテナンス安全性に着目し開発されたリーク量を極限まで抑えたバタフライダンパです。
閉止板と組合せてご使用頂くことによりダクト内ガスの流出を完全に遮断し、メンテナンスを実施する際の安全を確保致します。

設計設備にあたって

当社のテスト機を最大限活用し、お客様にあった最適な設備を提案いたします。

テスト機の導入
最適な設備を提案させていただくためには、お客様の排ガスによるテストが有効です。ぜひご相談ください。
排ガス仕様票
お客様の排ガスに対して情報をお寄せいただくため、別途お渡しいたします排ガス仕入票への記入をお願いいたします。