PAGE TOP

硝酸/アンモニア電解処理 N-Free AN

原理

N-Free Aシステムをベースにして、陰極へ硝酸還元機能を付加しました。
陰極で硝酸をアンモニアへ還元し、陽極で生成した次亜塩素酸と反応させ、窒素ガスまで酸化処理されます。
原水中にアンモニアが共存している場合、硝酸とアンモニアが同時に処理されます。

特徴

本システムでは、従来の生物法と比べ以下のメリットがあります。

  1. 生物法では処理できない排水も対応可能
    • 原水窒素濃度に制限なし(高濃度をそのまま処理可能)
    • 原水窒素濃度の変動に対応可能
  2. 希釈が不要で、反応速度が高いため、省スペース
  3. 二次廃棄物(汚泥等)は発生しない
  4. 処理したいときだけ稼動が可能(常時稼動は不要)
  5. 同じ電力でアンモニアと硝酸が同時に処理されるため、ランニングコストが低減
  6. アンモニアと硝酸を別個に処理する必要がない。
  7. 塩濃度が高い(電気伝導度が高い)廃液処理に好適

適用事例/検討事例

水回収との組み合わせ処理(2) 金属化成品廃液処理(2)

水回収との組み合わせ処理(2)

水回収との組み合わせ処理の検討事例です。
お客様のRO/イオン交換設備で水回収を行い、その回収廃液中に含まれる硝酸性窒素を電解処理します。
回収操作によって窒素を含む塩濃度が濃縮され電気伝導度が高くなり、電解処理には好適な条件となります。

金属化成品廃液処理(2)

金属化成品洗浄廃液の検討事例です。
硝酸アンモニウムを硝酸/アンモニウム同時分解処理するシステムを検討しました。